メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 石炭火力に中国の影 ケニアの「楽園」で建設圧力

 サンゴ石の壁に囲まれた住居が建ち並び、細い路地をロバが行き交う。インド洋に臨むケニア東部・ラム島。スワヒリ文化を色濃く残し、世界遺産に登録されたこの島はいま、すぐ近くで建設が予定されている東アフリカ初の石炭火力発電所計画を巡って揺れている。

 「手つかずのビーチ、豊かな文化や海洋生態系……。私たちの家であり、神の恵みである『楽園』を破壊するのは許されない」。建設に反対する地元住民らでつくる「セーブラム」のメンバー、ラヤ・ファマウさん(40)はそう訴える。

 石炭火力発電は地球温暖化の原因となる温室効果ガスを大量に排出する。反対派は、発電所建設が深刻な環境破壊や健康被害をもたらす恐れがあるとして、建設差し止めを求めて提訴。ケニアの国家環境審判所は6月、環境影響評価が不十分として、許認可を取り消す決定を下した。だが、事業者の「アムパワー」は9月、これを不服として控訴した。「多くの国が石炭火力発電から手を引こうとしているのに、その流れに逆行している」。セ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  2. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  3. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  4. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  5. ウィズコロナへトライ! 県内の園児から中学生120人、ラグビーで運動不足解消 中電監督ら直接指導 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです