メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

私の終活 山口県美祢市・藤野育子(73歳)

 夫が何気なくしていた家の守りや家族の世話を、私一人に任されて28年になる。子供3人を育てるため、忍び寄る寂寥(せきりょう)感や孤独感と格闘しながら月日を仕事に費やした。気づけば背戸の山のどんぐりや梅の木は大きくなりすぎて、晩秋にはどんぐりの実の落ちる音に驚かされ、落ち葉はわが家を覆いつくす。

 隣の山から背戸の山に侵入し成長した100本以上のモウソウ竹は、このままにしておくと我が家の台所に侵入してくるのは目に見えていた。気づくのが遅かったが、この山対策が私の終活だと悟り、1日1時間の木こ…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです