メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性婚訴訟初弁論 「法律上も家族に」 原告が意見陳述 福岡

福岡地裁での第1回口頭弁論後に記者会見する、こうすけさん(左)とまさひろさん

 同性婚が法的に認められないのは違憲だとして、福岡市の男性カップルが、国に1人当たり100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が2日、福岡地裁(立川毅裁判長)であり、原告の1人が「愛する人と家族になって生きていく権利は、法律で守っていくべきだ」と意見陳述した。国側は答弁書で請求棄却を求め、争う…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです