メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレイステーション

「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」でギネス入り 認定式に“生みの親”久夛良木健さんも

認定式に登壇した元ソニー・コンピュータエンタテインメント名誉会長の久夛良木健さん(左)と、ジム・ライアンSIE社長兼CEO

[PR]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のゲーム機「プレイステーション」シリーズが12月3日、「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」として、ギネス世界記録に認定されたことが分かった。同日東京都内で開かれた認定式には、”プレイステーションの生みの親”である元ソニー・コンピュータエンタテインメント名誉会長の久夛良木健さんも登壇した。

 「プレイステーション」ブランドの据え置き型ゲーム機である「プレイステーション」(1994年12月発売)、「プレイステーション2」(2000年3月発売)、「プレイステーション3」(2006年11月発売)、「プレイステーション 4」(2013年11月発売、2014年2月国内発売)の累計販売台数が4億5019万台(2019年11月7日時点、VG Chartzによる推定数値)を記録し、世界一と公式に認定された。

 久夛良木さんは、初代「プレイステーション」が、1994年12月3日に「いくぜ、100万台」のキャッチコピーとともに発売されたエピソードを振り返り、「大変懐かしく思うとともに、生みの親として、これからも見守っていきたい」と笑顔を見せていた。認定式には、ジム・ライアンSIE社長兼CEOとギネスワールドレコーズジャパンの石川佳織代表も出席した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです