メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費者担当相「確認中」 ジャパンライフ検査先延ばし疑惑で

衛藤晟一消費者担当相=首相官邸で2019年12月3日午前8時51分、川田雅浩撮影

 衛藤晟一消費者担当相は3日午前の記者会見で、預託商法を展開して破綻した「ジャパンライフ」(東京)について、消費者庁が2014年に政治的な影響を懸念して、立ち入り検査を先延ばしした疑いがあると指摘されていることについて、「現在確認中だ」と述べるにとどめた。

 ジャパンライフを巡っては、15年の「桜を見る会」に山口隆祥元会長が「首相枠」で招待された疑惑が浮上。同社は会の招待状の写真を載せたチラシを使って…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです