メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会招待者内訳「概略の数字で私が判断」 菅氏会見詳報

閣議後の記者会見で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」について質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月3日午前10時33分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、3日の官房長官記者会見でも質問が相次いだ。内閣府が削除した招待者名簿のデータについて、菅氏は「内閣府のシステムを運用している『大手情報技術提供事業者』によれば、復元は不可能だと報告を受けた」と説明。一方、データ復元の専門業者による復元が可能かどうかを確認したかについては明言しなかった。主なやり取りは以下の通り。【統合デジタル取材センター/政治部】

 ――2日午後の会見で、安倍晋三首相や夫人と無関係な人物が首相の推薦枠で突然、招待されることはありうるのかと尋ねた際、長官から明確なことは断言できないとの趣旨の答弁があったが、どういう意味でしょうか。招待されることもありうるという理解でいいのでしょうか。

 ◆桜を見る会の招待者や、推薦元については、個人情報であるために招待されたかどうかも含めて従来回答しておりません。また、安倍事務所における推薦の過程について私は承知をしておりません。一般論として、毎年多数の招待者があり、個々の招待者についてお答えすることはできないという趣旨で申し上げました。

この記事は有料記事です。

残り3379文字(全文3843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです