メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲との合流論が加速する国民 参院及び腰で「衆院先行」案も

衆院本会議に臨む立憲民主党の枝野幸男代表(右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(右から2人目)=国会内で2019年12月3日午後1時3分、川田雅浩撮影

 国民民主党内で、立憲民主党との「合流論」が高まっている。衆院側が3日に開いた定期会合では、中堅・若手が年内合流を相次いで要請し、党執行部は合流について話し合う党会合を開くと約束した。ただ、参院側は「立憲とは基本政策が違う」と慎重姿勢を崩しておらず、衆院側だけの「先行合流案」も浮上している。【東久保逸夫、浜中慎哉、野間口陽】

 「『大きな塊』を目指すと言った以上、その歩みが伝わるように行動してほしい」。国民の津村啓介氏(比例…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです