メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」名簿データ 「破棄」と答弁時はバックアップが残存

内閣府にある大型シュレッダーを視察する野党議員=東京都千代田区で2019年11月26日(立憲民主党提供)

 今年4月に開かれた首相主催の「桜を見る会」を巡り、内閣府幹部が今年5月21日の衆院財務金融委員会で招待者名簿などを「既に破棄した」と答弁した際、名簿のバックアップデータは外部媒体に残っていた。バックアップデータは6月下旬まで残っていたとみられるが、内閣府は野党議員の資料要求に対して資料の提供をしなかった。内閣府の担当者は「公文書とバックアップデータは別」との認識を示すが、野党側は「国会をだました」と批判している。

 「桜を見る会」の招待者名簿は、共産党の宮本徹衆院議員が資料の提出を求めた直後の5月9日午後、紙媒体が大型シュレッダーで細断処分された。名簿の電子データも5月7~9日の間に削除された。ただ、内閣府は、データ紛失や誤廃棄に備えて、データを一元管理するサーバーのバックアップデータを外部媒体に記…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです