メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」名簿データ 「破棄」と答弁時はバックアップが残存

内閣府にある大型シュレッダーを視察する野党議員=東京都千代田区で2019年11月26日(立憲民主党提供)

 今年4月に開かれた首相主催の「桜を見る会」を巡り、内閣府幹部が今年5月21日の衆院財務金融委員会で招待者名簿などを「既に破棄した」と答弁した際、名簿のバックアップデータは外部媒体に残っていた。バックアップデータは6月下旬まで残っていたとみられるが、内閣府は野党議員の資料要求に対して資料の提供をしなかった。内閣府の担当者は「公文書とバックアップデータは別」との認識を示すが、野党側は「国会をだました」と批判している。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです