メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

75歳以上の2割負担「一定所得ある人」とする案 政府・与党内で浮上

 75歳以上の後期高齢者医療費の自己負担を巡り、政府・与党内で、今の原則1割を維持しつつ、一定の所得がある人だけを2割に引き上げる案が浮上している。しかし財務省などが求める「原則2割」との隔たりは大きく、厚生労働省や与党との調整は難航している。【原田啓之】

 公的医療保険制度では、病院や診療所を受診した際の窓口負担割合が70歳以下は3割、70~74歳は原則2割となる。75歳以上は原則1割だが、現役並みの所得(単身世帯で年収383万円以上)の場合、3割負担となる。

 政府の「全世代型社会保障検討会議」(座長・安倍晋三首相)では民間委員や麻生太郎財務相が75歳以上を…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです