メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株続落、268ドル安 米景気に警戒感

ニューヨーク証券取引所=共同

[PR]

 週明け2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比268.37ドル安の2万7783.04ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は97.48ポイント安の8567.99。米景気への警戒感が強まった。

 トランプ米大統領がブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課すと表明し、貿易摩擦の激化を懸念した売り注文が先行。米製造業の景況指数が市場予想を下回ったことも嫌気され、下げ幅が拡大した。米年末商戦が好調として買い戻しが入る場面もあった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです