電力、70年ぶり課税見直しへ 発電など法人事業 「売上高」基準で負担重く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電力事業の種類
電力事業の種類

 政府・与党は、電力会社が都道府県に納める法人事業税の課税方式について、約70年ぶりに見直す方向で調整に入った。「利益」を基準に課税される他業種に対し、電力業界の基準は「売上高」で、税負担が重くなっているためだ。ただ、地方自治体の税収減が見込まれるため、見直し対象は発電事業など一部に限る方向だ。2020年度税制改正大綱に盛り込む。

 法人事業税は通常、収入(売上高)から費用を除いた所得(利益)に応じて課税する。だが、電力会社はもともと地域独占事業で、コストを料金に転嫁できる総括原価方式を採用する特殊性もあり、1949年以降は収入に課税する方式になっている。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文562文字)

あわせて読みたい

ニュース特集