メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「我々はまだパリ協定」 米の企業や州、政府とは温度差

COP25の会場で記者会見するペロシ米下院議長=マドリードで2日、共同

 スペイン・マドリードで2日始まった国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で注目されるのが、11月にパリ協定離脱を国連に通告した米国の動向だ。政府代表団よりも、地球温暖化対策に熱心な企業や自治体の連合組織の方が派遣人数が多いとされ、温度差が目立ちそうだ。

 米国がパリ協定から離脱するのは、規定により来年11月。今回も国務省や環境保護局などによる代表団を組織し、締約国として参加した。国務省は開幕に先立ち「米国の利益を守る公平な競争の場を確保するため、国際交渉に参加し続ける」と表明。一方でオバマ前政権時代に約束した「2025年の温室効果ガス排出量を05年比2…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです