メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

250人以上犠牲のスリランカテロから7カ月 イスラム教徒に対する不信今も根強く

聖セバスチャン教会の中には、爆発で損傷した床や壁の一部が保存されている=スリランカ西部ネゴンボで2019年11月20日、松井聡撮影

 250人以上が犠牲になったイスラム過激派によるスリランカの連続爆破テロから7カ月が過ぎた。標的とされたキリスト教徒の間には、イスラム教徒に対する不信感は今も根強い。イスラム教徒が襲撃されたり、嫌がらせを受けたりする事件も起きており、宗教間のしこり解消にはほど遠い状況だ。

 コロンボから車で北へ約1時間。ネゴンボの閑静な住宅地に、多くの犠牲者が出た聖セバスチャン教会がある。4月21日のテロで崩れた屋根や壁は修復され、血のついたキリスト像や爆発でえぐれた床や壁の一部が保存されていた。だが、今も入り口では銃を構えた兵士が警備に当たる。

 「イスラム教徒全員がテロリストではないと理解している。だが、テロ以前のようにイスラム教徒と友人にな…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです