メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO発足70年、英国で首脳会議 影落とす米欧不和

[PR]

 発足70年を迎えた北大西洋条約機構(NATO)は3、4日に英国で首脳会議を開く。最初の本部が置かれた地で世界最大の軍事同盟の結束を演出する狙いだが、ロシアと関係を深める加盟国トルコや米欧間に生じる政治的な不和が祝賀ムードに水を差している。

 トルコは今年、ロシアから地対空ミサイルシステムを購入。2014年のウクライナ危機を受けてNATOとロシアの軍事的緊張が高まる中で加盟国の大きな反発を招き、米国は制裁も検討する。

 また、欧州メディアは、ロシアを念頭においたNATO東方の共通防衛強化策についてもトルコは慎重な姿勢を示していると報じる。

 一方、フランスのマクロン大統領が英誌のインタビューで、NATOを「脳死」状態だと批判したことも波紋を広げた。マクロン氏の発言は、米軍の突然のシリア撤収決定と、それに伴うトルコ軍のシリア侵攻を非難したもので、同盟の核である集団的自衛権にも懐疑的な見方を示した。

 同氏の発言に加盟国は冷ややかだったが、NATOが将来像についての協議を必要とする時期にあることでは一致している。

 加盟国首脳は3日、ロンドンでエリザベス英女王主催の夕食会に参加。実質的な会議は4日に行われ、国防支出で突出している米国の負担軽減を念頭に、加盟国間の公正な貢献のあり方などについて協議する。

 また、欧州における中国の影響力拡大についても初めて議題とする見通し。次世代通信規格「5G」の通信網構築を巡っては、華為技術(ファーウェイ)など中国企業の製品を排除するかで米国と欧州の対応に溝が生まれている。【ロンドン八田浩輔】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです