メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「水面から突き出した子どもの両手」彫刻 COP会場で気候変動の脅威訴える

会場に展示された巨大な「手」の彫刻=スペイン・マドリードで、鈴木理之撮影

 スペインの首都マドリードで開かれている国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の会場に、ひときわ目立つ高さ約3メートルの大きな「手」の彫刻が展示されている。11月に過去50年で最悪となる記録的な高潮に見舞われた、イタリア北部ベネチアの運河で2年前に展示された作品を再現したもの。地球温暖化被害の象徴として、世界規模での温暖化対策を交渉する場で警鐘を鳴らしている。

 アドリア海に面し「水の都」として知られるベネチアでは11月中旬、悪天候による高潮で最大約2メートル海面が上昇し、市内の85%以上が浸水した。観光名所のサンマルコ広場などが長時間にわたって冠水し、自宅が水につかった78歳男性が感電死するなど甚大な被害が出て、イタリア政府は非常事態を宣言した。今回の被害は地球温暖化との関連も指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです