メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウズベキスタン副首相、日本の企業進出「問題ない」 民間投資を訴え

ウズベキスタンのアブドゥハキモフ副首相=タシケントで、前谷宏撮影

 ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が17日に2016年の就任後初めて訪日する。ミルジヨエフ政権は長期独裁政権を築いたカリモフ前大統領(16年に死去)の孤立主義的な外交政策を転換し、外資導入を積極的に進める。大統領訪日を前にアブドゥハキモフ副首相が11月下旬、首都タシケントで取材に応じ「規制は緩和され日本企業は問題なく進出できる」とアピールした。

 アブドゥハキモフ氏は一橋大に2年間留学した経験もある親日家。ウズベクでは外貨両替の自由化や観光客向けのビザ免除など、経済面の開放政策が進められており「ウズベキスタンは3年前から開かれた国に変わった」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです