メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウズベキスタン副首相、日本の企業進出「問題ない」 民間投資を訴え

ウズベキスタンのアブドゥハキモフ副首相=タシケントで、前谷宏撮影

 ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が17日に2016年の就任後初めて訪日する。ミルジヨエフ政権は長期独裁政権を築いたカリモフ前大統領(16年に死去)の孤立主義的な外交政策を転換し、外資導入を積極的に進める。大統領訪日を前にアブドゥハキモフ副首相が11月下旬、首都タシケントで取材に応じ「規制は緩和され日本企業は問題なく進出できる」とアピールした。

 アブドゥハキモフ氏は一橋大に2年間留学した経験もある親日家。ウズベクでは外貨両替の自由化や観光客向…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです