メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「忍たま乱太郎」原画 尼崎市が活用 寄託後に公開へ

「落第忍者乱太郎」の原画などの活用に向けた協定を締結した尼子騒兵衛さん(左)と稲村和美市長=兵庫県尼崎市東七松町1の尼崎市役所で2019年11月26日午後2時15分、近藤諭撮影

 人気アニメ「忍たま乱太郎」原作者で、兵庫県尼崎市在住の漫画家、尼子騒兵衛さんと同市が11月、アニメの原作となった連載漫画「落第忍者乱太郎」の原画やアニメのセル画などの保存や活用に向け、関係資料の整理などに取り組む協定を締結した。今後、市が一括して寄贈や寄託を受け、展覧会などで公開するという。尼子さんは今年1月に脳梗塞(こうそく)で倒れ、33年間続いた連載も今月で幕を閉じる。「資料の管理が難しくなったのできちんと保管してもらえるとありがたい。尼崎城に忍者道具を展示し、訪れる人に楽しんでほしい」と期待している。【近藤諭】

 「落第忍者乱太郎」は、忍者一家に生まれた乱太郎が忍術学園に入学し、仲間とともに一流忍者を目指す物語。1986年に朝日小学生新聞で連載が始まり、93年からは「忍たま乱太郎」としてNHKでアニメ放送がスタートした。64巻までの単行本の累計発行部数は935万部で、先月30日に発売された65巻で完結した。「猪名寺乱太郎」など登場人物に尼崎の地名を用いており、全国のファンが尼崎を「巡礼」する現象も起きてい…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです