メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「忍たま乱太郎」原画 尼崎市が活用 寄託後に公開へ

「落第忍者乱太郎」の原画などの活用に向けた協定を締結した尼子騒兵衛さん(左)と稲村和美市長=兵庫県尼崎市東七松町1の尼崎市役所で2019年11月26日午後2時15分、近藤諭撮影

[PR]

 人気アニメ「忍たま乱太郎」原作者で、兵庫県尼崎市在住の漫画家、尼子騒兵衛さんと同市が11月、アニメの原作となった連載漫画「落第忍者乱太郎」の原画やアニメのセル画などの保存や活用に向け、関係資料の整理などに取り組む協定を締結した。今後、市が一括して寄贈や寄託を受け、展覧会などで公開するという。尼子さんは今年1月に脳梗塞(こうそく)で倒れ、33年間続いた連載も今月で幕を閉じる。「資料の管理が難しくなったのできちんと保管してもらえるとありがたい。尼崎城に忍者道具を展示し、訪れる人に楽しんでほしい」と期待している。【近藤諭】

尼崎市が保存することになった尼子騒兵衛さんが所蔵する「落第忍者乱太郎」の原画や手裏剣などの忍者道具コレクション=兵庫県尼崎市東七松町1の尼崎市役所で2019年11月26日午後2時55分、近藤諭撮影

 「落第忍者乱太郎」は、忍者一家に生まれた乱太郎が忍術学園に入学し、仲間とともに一流忍者を目指す物語。1986年に朝日小学生新聞で連載が始まり、93年からは「忍たま乱太郎」としてNHKでアニメ放送がスタートした。64巻までの単行本の累計発行部数は935万部で、先月30日に発売された65巻で完結した。「猪名寺乱太郎」など登場人物に尼崎の地名を用いており、全国のファンが尼崎を「巡礼」する現象も起きている。

 長年の連載や放映で使われた原画や資料はマンションなどに置いていたが、「保管状態が悪く、劣化していくのが心配だった」(尼子さん)。病気を契機に尼子さんと市が協定を結ぶことにした。

 協定では、漫画の原画や絵コンテ、アニメのセル画、劇場版映画の台本に加え、尼子さんが収集した手裏剣やくないなどの忍者道具コレクションなど、膨大な資料を市総合文化センターにいったん保管し、市が資料のリストを作成する。その後改めて寄贈や寄託の協定を結んだ上で一般公開するという。

 稲村和美市長は「しっかり管理、保存し、多くの市民に見ていただきたい。尼崎を訪れるインバウンド(訪日外国人)向けにも活用したい」などと話していた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです