メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「死刑」焦点に4日判決 新潟小2女児殺害 裁判員の判断も注目

裁判所=ゲッティ

 新潟市西区で昨年5月、下校途中の小学2年の女児(当時7歳)を首を絞めて殺害し、遺体を線路に遺棄したとして、殺人など七つの罪に問われた小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判の判決が4日、新潟地裁(山崎威裁判長)で言い渡される。検察側は死刑を求刑、弁護側は懲役10年を主張。被害者が1人の事件で死刑判決が出されるかどうかに注目が集まる。【北村秀徳】

 起訴された七つの罪のうち、争点は、殺意の有無▽わいせつ行為の有無▽電車の往来に危険があったか否か――の三つだ。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです