メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性別変更申し立て 「子なし要件」無効主張 8歳娘がいる契約社員 家裁尼崎支部

性別変更の申し立てについて記者会見する申立人=兵庫県尼崎市の同市役所で2019年12月3日午前10時45分、川畑さおり撮影

 8歳の娘がいる兵庫県の契約社員(52)が戸籍上の性別を女性に変更するよう求める審判を3日、神戸家裁尼崎支部に申し立てた。「未成年の子がいない」ことを性別変更の要件としている性同一性障害特例法の規定が、個人の尊重や法の下の平等を定めた憲法に違反し無効だと主張している。

 審判申立書によると、申立人は男性として生まれたが、幼い頃から性別に違和感があり、約30年前にホルモン治療を受け始めた。約25年前から女性の姿で仕事をしている。女性と結婚して長女が生まれたが離婚。今年、性別適合手術を受けた。しかし、戸籍上の性別が男性のため、職場では男性トイレを使うよう指示されるなど日常生活で多大な…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです