はやぶさ2、主エンジン起動成功 「お宝」抱え8億キロの旅路へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
探査機「はやぶさ2」が遠ざかりながら撮影したリュウグウの姿=2019年11月13日撮影(JAXA、東京大など提供)
探査機「はやぶさ2」が遠ざかりながら撮影したリュウグウの姿=2019年11月13日撮影(JAXA、東京大など提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、探査機「はやぶさ2」が同日午前、地球へ帰るために主エンジンであるイオンエンジンの運転をスタートすることに成功したと発表した。はやぶさ2は約1年半かけて探査した小惑星リュウグウを離れ、来年12月ごろに地球へ帰還する予定だ。はやぶさ2はこの日、打ち上げから5周年を迎えた。

 JAXAによると、はやぶさ2は先月13日にリュウグウを出発し、イオンエンジンの運転台数や条件を変えながら試運転を実施した。その結果、エンジンに問題はなく、この日の本格稼働を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文599文字)

あわせて読みたい

注目の特集