メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

逮捕の教諭「受験生の父」認識か 会ったその日に接待 福岡・受託収賄容疑

記者会見で推薦入試を巡る受託収賄事件について説明する福岡県警の佐藤拓磨・捜査2課長(右)と落合喜久司・小倉北署長=福岡市博多区の県警本部で2019年12月2日、柿崎誠撮影

[PR]

 2016年度の福岡県立八幡南高校(北九州市八幡西区)の推薦入試を巡る受託収賄容疑事件で、同校を志望する受験生の父親から商品券などを受け取ったとして逮捕された高校教諭、本田竜大(りゅうた)容疑者(40)=同県直方市感田(がんだ)=が、知人の紹介で初めて会ったその日に父親から接待を受け、推薦を依頼されたとみられることが捜査関係者への取材で判明した。県警は、本田容疑者が受験の相談と認識した上で父親と会うことに応じたとみて調べる。

 本田容疑者は同校のサッカー部顧問だった15~16年、スポーツ推薦で同校への入学を目指す中学生の父親からサッカー部顧問枠で推薦してほしいと依頼され、見返りとして2度の飲食接待(計約5万円相当)を受け、さらに全国百貨店共通商品券10万円分を受け取った疑いが持たれている。父親も任意の調べに事実関係を認めているとされるが、贈賄容疑は時効が成立している。

 捜査関係者によると、2度の接待は北九州市やその近郊の和食料理店などで、いずれも複数の店をはしごする形であり、本田容疑者の分を父親が全額支払った。ただ2人に元々面識はなく、初めて会ったのが、双方の知人が同席する形で設定された15年8月中旬の最初の接待の場だったとみられる。父親からはその場で推薦入試で便宜を図るよう依頼されたという。

 2度目の接待は16年3月の合格発表後にあったが、2人の直接的な接触は2度の接待以外には確認できなかった。本田容疑者は「してはいけないことをしてしまった」と容疑を認めているといい、県警はほとんど接点のない相手からの不正な依頼に応じた経緯などを追及する。

 県警は3日、福岡市博多区の県庁内に入る県教育委員会事務局を家宅捜索した。容疑の裏付けを進める。【平塚雄太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです