仮想キャラが「商人屋敷」ガイド 全国初のXR実証実験 滋賀・東近江

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「豊郷あかね」と記念撮影することもできる=滋賀県東近江市の近江商人屋敷「外村繁邸」で2019年11月29日午後3時43分、蓮見新也撮影
「豊郷あかね」と記念撮影することもできる=滋賀県東近江市の近江商人屋敷「外村繁邸」で2019年11月29日午後3時43分、蓮見新也撮影

 拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の技術を組み合わせた「XR(クロスリアリティー)」を活用した観光ガイドの実証実験が、滋賀県東近江市の近江商人屋敷「外村繁邸」で始まった。来館者は「現実化」された仮想キャラクターに館内を案内され、一緒に記念撮影もできる。XRを生かした観光地での実証実験は全国初といい、来年1月までの13日間、実際に観光客に利用してもらいながら課題を探る。

 実証実験で使われたXRの新技術は、凸版印刷(本社・東京)とITサービス大手「TIS」(同)が今年、共同開発した。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文962文字)

あわせて読みたい

注目の特集