メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・梅田のラビリンスに新たな出会いの場 「泉の広場」リニューアルが終了

リニューアルされ報道陣に公開された泉の広場=大阪市北区で2019年12月3日、梅田麻衣子撮影

 大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」で、待ち合わせ場所として親しまれた「泉の広場」の改装工事が終わり、3日、報道陣に公開された。シンボルだった噴水に代わり、水面に浮かぶ大樹をLED(発光ダイオード)で表現したモニュメント「ウオーターツリー」(高さ約3メートル)が新たにお目見え。関西初出店を含む35店舗の飲食店街と共に5日オープンする。

 泉の広場は1970年、地下街の拡張に伴って整備された。広場の中心に設置された噴水は、迷宮のように入り組んだ梅田地下街の待ち合わせの目印や憩いの場として、2度デザインを変えながら半世紀近く利用された。しかし、地下街の大規模改装に伴って5月に撤去され、一帯は通行止めになっていた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです