メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「食事でサポートしたい」がん闘病支えるレシピ 姉亡くした男性、料理サイト運営

「カマエイド」を運営する門間寛修さん=松山市で2019年11月22日午前11時39分、花澤葵撮影

 がんで亡くなった姉の闘病を支えた経験から、がん患者と家族を食事を通じてサポートしようと起業して患者向け料理レシピサイトを開設した男性が松山市にいる。「味がしない」「かむのがつらい」などといった悩みに応じた料理レシピを紹介する無料サイト「カマエイド(https://kama−aid.com/)」。既に約1400件のレシピを掲載。利用者の感想なども見られるように、今月リニューアルし、さらに使いやすくする計画だ。【花澤葵】

 サイトを運営するのは松山市の門間寛修(かどま・ひろみち)さん(35)。門間さんの姉は、2014年に副腎がんが見つかり、発覚から約1年後に39歳で亡くなった。発覚後、門間さんは「自分には何もできない」と無力感に襲われる中、抗がん剤治療の影響などで味覚障害や少量しか食べられないといった悩みを抱く姉のために、妻と食事面のサポートをすることに。レシピを試行錯誤する中で、少しずつ前向きな気持ちになれた。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです