メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初代から25年「史上最も売れた家庭用ゲーム機ブランド」 プレステをギネス認定

ゲームのキャラクターに囲まれギネス世界記録の公式認定証を手にする久多良木健氏(右)とソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアンCEO=東京都港区で2019年12月3日、道永竜命撮影

 ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」が「史上最も売れた家庭用ゲーム機ブランド」として、ギネス世界記録に認定された。誕生から25周年を迎えた3日、PSの「生みの親」であるソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント=SIE)の久多良木(くたらぎ)健・元名誉会長らに公式認定証が手渡された。

 初代PSの発売は1994年12月3日。2000年に「PS2」、06年に「PS3」、13年(国内は14年)に「PS4」がそれぞれ発売された。世界のゲーム機の売り上げデータを推計する米サイト「VG Chartz」によると、据え置き型のこの4機種は累計で4億5019万台が販売され、これが世界一として認定された。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです