メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の気温、過去2番目か3番目に暑い年に 5年・10年平均は過去最高確実に WMO発表

今年1~10月と1981~2010年の平均気温の差を示した世界地図。赤色が濃い地域ほど上昇幅が大きいことを示す=世界気象機関提供

 世界気象機関(WMO)は3日、今年の世界の平均気温は、2016年に次いで過去2番目か3番目に高い年になるとの見通しを発表した。5年間(15~19年)や10年間(10~19年)の平均は過去最高になるのがほぼ確実で、WMOは「このままでは今世紀末までに産業革命前から平均気温が3度以上上昇し、人類にかつてないような害をもたらす」と警告する。

 WMOによると、今年1~10月の平均気温は産業革命前から約1・1度上昇した。欧州は6、7月と2度の熱波に見舞われ、フランスでは6月28日に国内観測史上最高の46度を記録。ドイツやオランダ、英国でも国内の記録を更新した。また、東南アジアや南西太平洋の広い地域で深刻な干ばつが発生した。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです