メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察官を告訴の男性「ヤジは民主主義社会では特別な行為ではない」

北海道警のヤジ排除問題で、損賠訴訟を起こすため札幌地裁に入る大杉さん(右から2人目)と弁護団=札幌市中央区で2019年12月3日午後3時29分、山下智恵撮影

 北海道警によるヤジ排除問題が、法廷で争われることになった。札幌市に住む当事者でソーシャルワーカーの大杉雅栄さん(31)が3日、札幌地裁に起こした損賠訴訟。刑事告訴にも踏み切った大杉さんは「主権者にはヤジを言う権利があることを確認するための訴訟と告訴だ」と訴えた。

 刑事告訴は、ヤジ排除を行った氏名不詳の警察官7人に対し、排除は違法な逮捕で特別公務員職権乱用罪と同暴行陵虐罪に当たるとしている。

 大杉さんは、排除は身体の自由を奪う「逮捕」に当たると主張。演説に対し、批判的な発言をするヤジは、演…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです