メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学校の授業でフラスコ爆発 5人搬送、2人軽傷 三重・紀北町

[PR]

 3日午後3時ごろ、三重県紀北町島原の町立赤羽中で、1年生の理科の授業中に使用していたフラスコが爆発した。生徒4人と男性講師(27)の計5人が救急搬送され、2人が軽傷を負った。

 町教委によると、実験は亜鉛と塩酸を反応させ、水素を発生させて火をつけるという内容。1年生の男女計4人が授業を受けていた。男性講師がフラスコに水素を発生させ、火をつけたところ爆発したとみられる。

 男性講師は割れたフラスコの破片で左手首に切り傷を負い、近くにいた男子生徒も左頰に切り傷を負った。いずれも軽傷という。別の2人の生徒は「耳が痛い」と訴え、一時的に軽い難聴の症状になった。

 町教委は実験中に何らかの作業ミスがあったとみて原因を調べている。【森田采花】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです