メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道イラン元世界王者 モンゴル国籍を取得 GS大阪に「難民選手」で出場

サイード・モラエイ=徳野仁子撮影

 国際柔道連盟(IJF)は2日、今夏の世界選手権東京大会で敵対するイスラエルの選手との対戦を棄権するようイラン政府から圧力をかけられた、男子81キロ級元世界王者のサイード・モラエイがモンゴル国籍を取得したと発表した。

 政府の指示を拒否したモラエイは安全確保のために渡ったドイツで難民認定を受け、先月の…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです