メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問

横浜市役所を訪問し、林文子市長(左)にユニホームを渡す横浜FCの三浦知良=横浜市内で2019年12月3日午前10時45分、福田智沙撮影

 サッカーJ1への13年ぶりの昇格を決めたJ2横浜FCのカズこと三浦知良(52)、中村俊輔(41)らが3日、横浜市の林文子市長を表敬訪問し、来季への意気込みを語った。

 三浦は「J1に定着していくために自分も頑張りたい。心も体もいい準備をしたい」と抱負。契約については「もうほぼ、契約の話はしてます。難しいことはない。大丈夫だと思います」と、舞台がJ1に移る来季も、横浜FCでプレーする見通しを示した。

 林市長に対しては、屋根が一部しかない本拠地のニッパツ三ツ沢球技場について「サポーターがびしょびしょになる」と、改修への協力の陳情も忘れなかった。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです