メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・岡本が1億4000万円で更改 高卒5年で大台突破は松井、坂本に次ぐ早さ

笑顔で来季への抱負を語る巨人・岡本和真内野手=東京都内で2019年12月3日午後6時28分、角田直哉撮影

 巨人の岡本和真内野手(23)が3日、東京都内の球団事務所で契約交渉に臨み、6000万円増の年俸1億4000万円で更改した。高卒5年目を終えての1億円突破は、巨人では松井秀喜氏、坂本勇人に次ぐ早さ。岡本は「いろいろな人に助けてもらい、技術もメンタルも成長できた」と充実感たっぷりに振り返った。

 主に4番を担った今季は、全143試合に出場して2年連続30本超えとなる31本塁打、94打点、打率2割6分5厘をマーク。それでも日本シリーズ4連敗の印象が…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです