メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

四ツ谷にある和食のお店。秋田出身の店主が作る拘りの出汁を使った季節の和食を…♪

情報提供:まとメシ

荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。

和食と和酒 おがた(最寄駅:四谷三丁目駅)

卓上に届いた海と大地の味わいをふうふう、アチチと頬張る幸せ

小鍋には日替わりで旬の具材が入り、真昆布、カツオ節、メジマグロ節の三種からとったダシが素材の風味を引き出している。本日はタラと白子の親子鍋で、西京味噌と亭主手作りの米味噌の合わせ味噌仕立て。熱々の汁にじんわり大豆のコクが広がる。影の主役は、秋田県が誇る三関セリ。香りがぎゅっと濃く、タラととろとろ白子の淡い旨みを引き立てる。大人の隠れ家としてもぴったりだが、平日の早い時間や土日はお子様連れも歓迎とか。派手な演出はなくても、鍋をはじめ安全な国産食材にこだわった心尽くしのひと皿が味わえる。

鱈と白子とせりの合わせ味噌仕立ての小鍋

1人前 1500円~ a69bb4cb688b641e928d3993e8102ce6 お酒は日本酒と日本ワインを揃える。味噌の風味にはほんの少し渋みと重みのある赤ワインが意外にぴったり

野菜のおひたし盛り合わせ

850円 e60ebdd7760df3aa4b98b4d278ce341b 本日の盛り合わせは、なす、冬瓜、里芋、つるむらさき、ズッキーニ、パプリカ、秋田産天然あみこだけ(アミタケ)。優しいダシの味が広がり、前菜としても、箸休めとしても最高

雑炊

1人前 300円 73ef416b641c618d62d76c5728e6fcdd セリ根やタラの姿かたちは残らずとも、その旨みは全てお米が吸収! ひと粒も残さずに食べたい

お店からの一言

fe4cac20c7b7fb079a0ac0ec189cff5b 店主 尾形大輔さん 「調味料もすべて国産を使用。子どもから大人まで皆が安心できる味です」

和食と和酒 おがたの店舗情報

dd3e3580dd10b16152c8ee7a23b78d7a [住所] 東京都新宿区舟町4-3 メゾンド四谷2階 [TEL]03-6874-4146 [営業時間]17時~24時(23時半LO)、日13時~23時(22時半LO) [休日]月 [席]カウンターあり、全10席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

電話番号 03-6874-4146
撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ 2018年12月号発売時点の情報です。

関連記事

[閉店]つくね専門店 十夢想屋(つくね/下北沢)

魚力(和食/渋谷 神山町)

三漁洞(和食/渋谷)|桜丘町の地下でひっそり歴史を刻む名店

中納言|創業から65年を迎えた活伊勢海老料理の名店(伊勢海老料理/大森)

山田屋|懐かしさいっぱいの空間で味わい深い麺と丼を堪能(食堂/東大手)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです