メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ロシア百科事典サイト開設へ 大統領のウィキペディア批判が契機

ロシア政府は、インターネット上の百科事典「ウィキペディア」は信用できないとの大統領発言をきっかっけに、これに代わる新たなサイトを開設する。写真は11月にフォーラムで発言するプーチン大統領(2019年 ロイター)

[PR]

 [モスクワ 2日 ロイター] - ロシア政府は、インターネット上の百科事典「ウィキペディア」に代わる新たな百科事典サイトを開設する。

     プーチン大統領が先月、ウィキペディアは信用できず、代わりのサイトが必要だと発言したことがきっかけ。同国で出版されている「ロシア大百科事典」のオンラインサイトを新設する。

     タス通信によると、同事典の編集者は開設コストが約20億ルーブル(34億円)に達するとの見通しを示した。

     新設するサイトでは「科学的に検証された知識を基に信頼できる情報を常時更新する」(政府文書)という。

     ロシアは2015年、麻薬関連サイトを禁止する法律の下で、ウィキペディア・ロシア語版の大麻関連記事へのアクセスを一時遮断したことがある。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

    3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

    4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

    5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです