メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

バロンドールでも“クラシコ”勃発? 受賞回数でレアルを突き放し、バルサが歴代最多に

情報提供:サッカーキング

今回6度目のバロンドール獲得を果たしたメッシ [写真]=Getty Images
 最高の選手に贈られる『バロンドール』の受賞回数で、バルセロナがレアル・マドリードを上回った。2日付けで、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2日、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶり6度目となるバロンドールを受賞。これでバルセロナの選手が同賞を獲得するのは歴代最多の12回目となり、11回で並んでいたレアル・マドリードを突き放すかたちとなった。ちなみに、その下はミランとユヴェントスが8回ずつで並んでいる。

 バルセロナは、1960年にスペイン人のルイス・スアレスが初めてバロンドールを受賞。その後、1970年代にヨハン・クライフが同賞を3度獲得し、1999年にリバウド、2005年にロナウジーニョが受賞。今年受賞したメッシは、1人でクラブの受賞回数を倍にした。

 1957年にアルフレッド・ディ・ステファノが初めてバロンドールを手にしたレアル・マドリードは、その翌年にレイモン・コパが同賞を獲得。2000年代にルイス・フィーゴ、ロナウド・ナザリオ、ファビオ・カンナバーロが受賞を果たし、クリスティアーノ・ロナウドが“白い巨人”として4度受賞。そして昨年、ルカ・モドリッチが初めて受賞している。

 ピッチの外でも熾烈な争いを繰り広げるスペインの“2強”。今後も、この2チームから目が離せない。

【関連記事】
●ペップ、1月の補強方針に言及も驚きの見解示す「特に必要な選手は…」
●ドログバ氏とエンバペ、バロンドール授賞式で“10年越し”のセルフィー! 「落とし前を…」
●バルサ退団濃厚のラキティッチが自身の希望を明かす「もう一度セビージャの…」
●ラモスの後釜候補を模索中のレアル、来夏の移籍市場でクリバリ獲得か
●メッシが望む指揮官は? チームへ“あの男”の復帰をリクエスト

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです