メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク、パ・リーグ制覇 3年ぶり19回目
国立競技場ものがたり

完成までの36カ月/中 聖地の屋根、注いだ情熱 最難関工事、元サッカー少年の挑戦

国立競技場の屋根部分の建設に携わった小山聖史さん=東京都新宿区で2019年11月25日、大西岳彦撮影

 2019年1月31日午後3時、全長約60メートルの屋根の骨組み108列がつながった。3年かけた国立競技場建設で最難関とされた屋根工事。根元が数ミリくるうと先端は10倍近くずれるとされ、1年を要した。担当課長の小山聖史(きよし)さん(36)は「ほっとしたけれど、寂しかったです」。その瞬間、複雑な思いがこみ上げた。【松本晃】

 小学1年でサッカーを始めた。Jリーグが開幕した1993年、初めて旧国立競技場で観戦したヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)の試合。鮮やかな緑のユニホームを着て躍動する「カズ」こと三浦知良選手(52)を見て、「目の前で走っているだけで感動した」。スタジアムは憧れの場所になった。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです