メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

脳出血体験を各地で講演 女優・河合美智子さん できることを数えて

=梅田麻衣子撮影

 NHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」(1996~97年)に出演し、演歌歌手「オーロラ輝子」役で人気を博した女優の河合美智子さん(51)は3年前、脳出血で倒れた。今も右半身にまひが残るが、「私の体験を話すことで、同じ病気で悩んだり苦しんだりしている方々が、前向きな気持ちになってもらえればうれしい」と、講演やイベントにも活動の場を広げ、東に西に精力的に飛び回っている。【小松やしほ】

 「よろしくお願いします」。にこにこと笑みをたたえながらカメラマンの注文に応えポーズを取る。その胸には、赤地に白い十字とハートがデザインされた「ヘルプマーク」が下がっている。外見からは障害や疾患などがあることが分からないが、支援や配慮を必要としていることを知らせるストラップだ。東京都が作製し2012年から配布、10月31日現在で41都道府県に広がっている。「多くの人に知ってもらいたいので、いつも付…

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです