メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「こんな官僚」に誰がした

与良正男・専門編集委員

 子供でも、すぐにおかしいと分かるような珍妙な釈明を繰り返す官僚の姿を、安倍晋三首相はどんな思いで見ているのだろう。

 「桜を見る会」をめぐる疑惑は、消費者庁が「ジャパンライフ」に対して行政指導した後に、当時の同社会長へ招待状を出していた問題も焦点になっている。

 同社が首相に招待されたことを宣伝材料にしたのは疑いない。それで信用した人もいる。元々、1980年代に「マルチまがい商法」と国会でも追及され、報道されていた会社である。

 元会長宛ての招待状には「60」の数字がある。招待区分を説明した文書によれば、これは「首相、官房長官…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです