メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/20 大学紛争の中で 「肯定」語った無頼な自由人

 明治大和泉キャンパス(東京都杉並区)の校舎はバリケードで封鎖されていた。1966年の学費値上げ反対闘争は、大学当局に学生らが強く反発し、対立を深めていた。秋には学生側が授業の実施を拒み、やがて校舎に立てこもった。同様の光景は60年代後半、全国の大学で見られた。

 バリケード内で20歳の誕生日を迎えた法学部2年のある男子学生は、構内の集会で、30代半ばの若手教員が学生らを前に、静かな、しかしきっぱりとした口調でこう語るのを聞いた。

 「君たちが現在の全てを否定すると言うなら、僕は現在の全てを肯定する」

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです