メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

動と静の火祭=片山由美子

はなびらのごとき炎や牡丹焚く 小路智壽子

松明あかし果て真つ白な月残る 永瀬十悟

 十一月十六日、福島県須賀川市の「牡丹焚火(ぼたんたきび)」に参加した。

 これは、市内の牡丹園で毎年十一月の第三土曜日に行われている行事である。「牡丹供養」ともいい、園内には二百九十種、七千株の牡丹が栽培されており、その枯死した老木や折れた枝を一年に一度焚くのである。

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです