メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

首都直下地震“我がこと”に ドラマ「パラレル東京」プロデューサー 松岡大介さん

 30年以内に70%の確率で起きるとされる首都直下地震を想定し、NHKは今月1~8日を「体感 首都直下地震ウイーク」と銘打ち、防災や減災の必要性を訴える番組の放送やインターネットでの情報発信を集中的に行っている。その一環として「NHKスペシャル」の枠内で、連続ドラマ「パラレル東京」を放送中(4日午後10時が第3話)。未曽有の地震が東京を襲ったとの設定で、「視聴者が地震の危機を“我がこと”として、感じてくれたら」と話す。

 ドラマでは、12月2日にマグニチュード7・3の大地震が発生。「NNJテレビ」のニュース番組のメインキャスターが行方不明になり、サブキャスターの倉石美香(小芝風花)が被害を伝える。「群衆雪崩」やネット上のデマが原因で死傷者が出るなどの「実態」も登場。ドラマ各話の終了後は「スタジオ編」に切り替わり、地震専門家らが解説する。「ドラマで驚異を実感してもらい、スタジオで被害を防ぐために何ができるかを伝える…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです