メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

首都直下地震“我がこと”に ドラマ「パラレル東京」プロデューサー 松岡大介さん

 30年以内に70%の確率で起きるとされる首都直下地震を想定し、NHKは今月1~8日を「体感 首都直下地震ウイーク」と銘打ち、防災や減災の必要性を訴える番組の放送やインターネットでの情報発信を集中的に行っている。その一環として「NHKスペシャル」の枠内で、連続ドラマ「パラレル東京」を放送中(4日午後10時が第3話)。未曽有の地震が東京を襲ったとの設定で、「視聴者が地震の危機を“我がこと”として、感じてくれたら」と話す。

 ドラマでは、12月2日にマグニチュード7・3の大地震が発生。「NNJテレビ」のニュース番組のメインキャスターが行方不明になり、サブキャスターの倉石美香(小芝風花)が被害を伝える。「群衆雪崩」やネット上のデマが原因で死傷者が出るなどの「実態」も登場。ドラマ各話の終了後は「スタジオ編」に切り替わり、地震専門家らが解説する。「ドラマで驚異を実感してもらい、スタジオで被害を防ぐために何ができるかを伝える…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです