謎に満ちた箱の中の世界 デュシャンの「小さな美術館」展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
箱の中核部分。「泉」をはじめ代表作が収められている=兵庫県立美術館で、三輪晴美撮影
箱の中核部分。「泉」をはじめ代表作が収められている=兵庫県立美術館で、三輪晴美撮影

 20世紀に美術の概念を覆した芸術家としてその名は知られているだろう。仏出身のマルセル・デュシャン(1887~1968年)。彼の作品が収められた「トランクの中の箱」が、神戸市の兵庫県立美術館で公開されている。「塩売りのトランクマルセル・デュシャンの『小さな美術館』」展だ。

 「塩売りのトランク」という叙情を誘う言葉に大きな意味はない。Marchand du Sel(塩の商人)が、名前Marcel Duchampの文字を入れ替えたアナグラムなのだ。人々の先入観を軽やかにかわすデュシャンは、この箱を「持ち運びできる小さ…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

あわせて読みたい

ニュース特集