メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

謎に満ちた箱の中の世界 デュシャンの「小さな美術館」展

箱の中核部分。「泉」をはじめ代表作が収められている=兵庫県立美術館で、三輪晴美撮影

 20世紀に美術の概念を覆した芸術家としてその名は知られているだろう。仏出身のマルセル・デュシャン(1887~1968年)。彼の作品が収められた「トランクの中の箱」が、神戸市の兵庫県立美術館で公開されている。「塩売りのトランクマルセル・デュシャンの『小さな美術館』」展だ。

 「塩売りのトランク」という叙情を誘う言葉に大きな意味はない。Marchand du Sel(塩の商人)が、名前Marcel Duchampの文字を入れ替えたアナグラムなのだ。人々の先入観を軽やかにかわすデュシャンは、この箱を「持ち運びできる小さ…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです