メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立競技場ものがたり

完成までの36カ月/中 紡いだ感動、誰かに 幼い頃からの夢、屋根に託し

 2019年1月31日午後3時、全長約60メートルの屋根の骨組み108列がつながった。3年かけた国立競技場建設で最難関とされた屋根工事。根元が数ミリくるうと先端は10倍近くずれるとされ、1年を要した。担当課長の小山聖史(きよし)さん(36)は「ほっとしたけれど、寂しかったです」。その瞬間、複雑な思いがこみ上げた。

 小学1年でサッカーを始めた。Jリーグが開幕した1993年、初めて旧国立競技場で観戦したヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)の試合。鮮やかな緑のユニホームを着て躍動する「カズ」こと三浦知良選手(52)を見て、「目の前で走っているだけで感動した」。スタジアムは憧れの場所になった。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです