メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Tシャツ再生で障害者ら雇用支援 ミシン購入費など…ネットで資金調達 八千代の会社 /千葉

 大手メーカーから引き取った廃棄されるTシャツをつなぎあわせて作る「アップサイクルTシャツ」の生産を通じ、障害者など生きづらさを抱える人の雇用を増やそうと、八千代市の会社「WAcKA(ワッカ)」(梶原誠社長)がクラウドファンディング(CF)を開始する。目標額は67万円で、期間は9日午後6時~来年1月22日午後11時まで。【町野幸】

 同社はもともと、廃棄される予定だったTシャツをヤーン(編み物に使う糸)などの商品に生まれ変わらせる「アップサイクル」事業を手がけていた。今回初めて、アップサイクルTシャツの縫製を就労支援A型事業所である一般社団法人グローバルセンター・コモンズ「インクル・ベース」(茨城県常総市)で始めるため、ミシンの購入費や工賃などにあてる費用をCFで募ることにした。事業所では一般の企業で長時間働くことが難しい障…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです