メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市立大初、プロ野球選手誕生へ 故障克服、夢つかむ 沖縄新球団のテストに合格・三吉央起さん /神奈川

横浜市立大のキャラクター「ヨッチー」のぬいぐるみを手に決意を語る三吉央起さん=同市金沢区の同大で

気引き締め「これからが勝負」

 横浜市立大(同市金沢区)から初めてのプロ野球選手が誕生する。野球部でエースだった三吉央起(おうき)さん(23)。沖縄県初のプロ野球チームとして今年設立された「琉球ブルーオーシャンズ」の入団テストに合格し、まもなく正式に入団が決まる。【樋口淳也】

 三吉さんは右投げ右打ちの本格派投手。東京都内の高校から2015年に横浜市立大に進学した。神奈川県大学野球連盟の2部に所属する硬式野球部で、最速147キロの速球を武器に、3年生からエースとして活躍した。

 大学によると、ブルーオーシャンズは今年7月に新設された球団で、独立リーグなどには所属せず、将来的に…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです