メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

こうのす川幅うどん 埼玉県鴻巣市 幅6~8センチ量感ずっしり

久良一の川幅みそ煮込みうどん。幅5センチ以上という定義以外は自由なので、麺の硬さや具、つゆなど店ごとに違い、個性が楽しめる=埼玉県鴻巣市人形の久良一で

 平たい形をした「平打ちうどん」には愛知県の「きしめん」はじめ多くのご当地麺がある。埼玉県鴻巣市の「こうのす川幅うどん」は、2009年に誕生したホープだが、徐々に人気が高まっている。

 なぜ、「川幅」なのか。その名の由来は、同市と隣の吉見町の間を流れる荒川にある。08年、川幅が2537メートルと日本一に認定されたのだ。「これを生かしたご当地グルメを」。市が市内の「めん工房 久良一(くらいち)」の店主、小峰久尚さん(54)に頼み、誕生した。

 「久良一」の一番人気「川幅みそ煮込みうどん」を注文する。

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです