メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 活動終え自衛隊撤収 功績たたえ知事が表彰 /長野

台風19号で救助活動などに尽力した陸上自衛隊を表彰する阿部守一知事(左)=長野県庁で

[PR]

 台風19号で浸水した家屋に取り残された被災者の救助活動、炊き出しや入浴などの生活支援に従事していた自衛隊が撤収した。約50日間にわたった活動の功績をたたえようと、県は2日、陸上自衛隊第13普通科連隊(松本市)を表彰した。

 阿部守一知事が「護岸の修繕や廃棄物の運搬、入浴支援などさまざまな分野でご尽力いただいた。県民を代表して心から感謝申し上げます」と謝辞を述べると、陸自の伊藤裕一連隊長は「何より苦しい思いをされている被災者の方から温かい言葉をもらい誇りを持って任務ができた。万一の時は速やかに駆けつけてお役に立てるようにしたい」と応じた。

 県は10月12日に陸自に災害派遣を要請。11月30日夜、一連の活動が終了したとして自衛隊に部隊の撤収を要請した。【坂根真理】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです