メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も天気で

先人たちの知恵=鮫島弘樹 /愛知

太陽に丸い環がかかったように見える日がさ=名古屋市内で

 観天望気。文字通り、風や雲、太陽や星などを観察して天気を予測することです。観測機器がなかった時代は、この観天望気が天気予報そのものでした。「夕焼けは晴れ」、「日がさ、月がさがかかると雨」など、今も伝えられているものも多くあります。

 予報技術や通信が発達し、パソコンやスマートフォンなどで簡単に天気予報を得られる時代に、観天望気でもあるまいと思われるかもしれません。しかし、先人たちの鋭い観察力から生み出された知恵は、迷信や占いとはわけが違います。

 例えば、夕焼けが見られた翌日にどれだけ晴れるのかというと、1年間の平均では60%くらいだそうです。…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです