サッカー 飯塚高3年・村越選手、松本山雅に入団内定 「J1復帰と東京五輪目指す」 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松本山雅のユニホームを着てガッツポーズをする村越選手
松本山雅のユニホームを着てガッツポーズをする村越選手

 飯塚高校(城野裕美校長、飯塚市立岩)サッカー部3年の村越凱光(かいが)選手(18)が、サッカーJ1松本山雅FCへの入団が内定し3日、同校で記者会見した。松本山雅は来季のJ2降格が決まっているが「チームを助けるストライカーになってJ1に復帰したい」と語った。

 村越選手は神奈川県出身。小田原市立国府津(こうづ)中3年の時、中辻喜敬(よしのり)監督に誘われ飯塚高へ。3年間、寮生活をしながらサッカーに励み、主将も務めた。全国大会の出場歴はないが今年2月、鹿児島県であった…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集